PROJECT

新規会場オープニング

2018年05月21日

大崎ブライトコアホール 【2015年6月オープン】 品川区の指定管理者として、一般財団法人品川ビジネスクラブとの共同事業体として運営中
4分割の小会議室案を、ひとつのホールに
大崎ブライトコアホールは当初、4分割(100㎡弱)の会議室として検討されていました。コンサルティング開始時、マグネットスタジオはまず近隣企業や顧客の調査・ヒアリングを行い、4分割ではなくあくまでひとつのホールを提案しました。2分割まで対応出来る設備は残しつつも、ワンフロア貸切での売り方をメインに金額を設定し、売上目標を立てました。
(現在ほとんどの催事が全面使用にて行われています)
配線ダクト用レール照明を採用し、すっきりとした見た目に
天井高が4mのため、照明バトンに従来の黒いケーブルと灯体では見た目にも煩雑で、使い勝手もよくはありません。何より天井からの圧迫感が懸念されます。そこで私たちは配線ダクト用レール照明と白い灯体を提案・採用し、すっきりとした見た目で、より開放的に、天井も高く感じられるようにしました。
その他今後に向け、各種備品・機材の選定や、運営計画を煮詰めていきました。
予約受付開始~オープンまで
大崎エリアは初のオープンでしたが、隣の品川に既に3会場を運営していたことと、同規模・同価格帯の会場を既に運営していたため、既にたくさんの顧客見込みを抱えている状態でした。一件一件ご連絡を取りつつ、大崎にある新規企業の獲得を狙って営業を始めました。
結果、オープン月に70%以上の稼働を記録する事が出来ました。
(ちなみに筆者はオープン5日前に子供が産まれ、公私ともに大騒ぎの期間となりました)
3年目を迎えて
2018年現在、3年目でピークの売上に達し、以降はその水準をキープしていく、という計画通りの順調な運営状況にあります。
今や筆者含め、オープニング時に在籍していたスタッフは各自別会場に異動となりました。それでも、大崎ブライトコアホールという会場は筆者にとっても特別な場所です。これまで以上に愛される会場になるよう、新しいスタッフも一生懸命運営しています。
年間何百のイベント・何万人の人にお越しいただき、特別な一日をご提供できたのであれば会場スタッフ冥利に尽きます。運営は勿論、コンサルティングから関わらせていただいたからこその、愛着の深さかなと実感しています。

DAILY SCHEDULE

プロジェクトのスケジュール

2012.11コンサル開始
2014.08HP開設、予約受付開始
2015.04竣工、事務所開設
2015.06グランドオープン