INTERVIEW

『楽しい』と感じることを『引き出し』に

2021年08月20日

熊坂

2017年入社(前職:印刷業)

2017年9月 HULIC HALL & CONFALENCE 配属
2020年12月 渋谷ストリーム ホール 異動

中堅という立ち位置で、チームのバランスを意識
リーダーから後輩・若手・アルバイトに至るまで、それぞれが見切れないものを自分がカバーできるよう努めています。そのためにも『視野を広く持つこと』が自分の役割です。どんな人も、仕事が立て込んだり忙しくなると見切れない部分が出てきますよね。ミスや事故に発展する前に自分がそれを察知して、繋ぎ役・フォロー役になれるように意識しています。例えるなら『とろろ』みたいな感じですね(笑)
教育で心掛けるのは、お互いの時間をしっかり取ること
ちょうど今、チームの後輩が初めて教育に関わることになり、一緒に教育スケジュールを組んでいます。その時にひとつキーワードとしているのが、『自分だったらどう教えてもらいたいのか』です。新入社員の頃って、まず一日の中で何をすればよいのか分からないと思うんです。手持無沙汰になったり、的外れなことをしないためにも、まずは『適切な時間』を意識して貰うためにスケジュールを一緒に組む必要があると考えてます。その中で、先輩との質問タイムという振り返りの時間もしっかり取っておけば、お互い変な気を遣うことなく集中して同じ時間に向き合うことが出来ます。忙しくてタイミングが合わないとただ業務だけを教えがちですが、お互いの時間をしっかり取って、何故その業務が必要なのか理由付けをして、納得してもらうことが、結果として密度の濃い教育に繋がるのかなって思います。
失敗してもいいから安心して挑戦して欲しい
どういう行動を取ればお客様に喜んでいただけるのかを自分で考えて、一歩踏み出して欲しいと思っています。誰だって、失敗はあります。勿論自分にもありました。だからこそ、失敗しても大丈夫なように自分やチームがカバーするので、ミスを恐れるよりもお客様に喜んでもらうために何か一つ工夫が出来ないか、考えて取り組んで欲しいです。
そしてなにより、自分が担当したイベントそのものを楽しんで、参加してもらいたいです。お客様にも喜んでいただけますし、自分も楽しい。持論ですが、楽しいことははっきりと覚えてるんですよ。それが自分の『引き出し』になって、いつかまた違うイベントで、あの時はこうしたなとか、あのやり方を工夫したら役に立つかも、って思い出すんです。この繰り返しが、毎日違うイベントを経験するこの仕事の面白さだと思いますし、自分も未だに毎日発見があるので飽きないですね。
この仕事の大変なところは、早朝深夜の勤務
勿論毎日ではありませんが、イベントの時間に合わせての勤務となるため、早朝深夜の勤務は普通の仕事より多いです。宿泊やタクシーでの帰宅になることもあります。自分は元々夜型なので、夜遅くなるのは全然平気ですが、朝が弱いので正直今でもきついなあと思う時はあります(笑)その分、お客様と長い時間一緒にいるので、イベントに対して自然と思い入れも深くなりますね。
もし自分がいつかリーダーになるなら、『みんな自分の考えがあるチーム』を
次のステップとして、もし自分がいつかリーダーになるのならそんなチームを作りたいです。
何も考えないで仕事をするのは簡単だけど、考えながら行動して、悩んで取り組んだ方が断然良い結果になります。お客様にも自分にも必ず跳ね返ってきます。自分の信条でもあるんですけど、各個人が自分なりの正解を考えて仕事に取り組んで欲しいです。勿論、それぞれのやり方がぶつかる時もあると思いますが、お互いの考えを尊重して重ねていき、みんなでカバーしあえるチームが理想ですね。
どんな会場でも、どんなチームでも、自分は楽しく仕事を
この仕事って、毎日全然違うんですよ。レギュラーのお客様でも全く同じ日になることは絶対ありません。何か違いがあるし、工夫のし甲斐があります。良い意味で、スリルがある。だから毎日楽しく仕事が出来るんだと思います。
それと今は有志が集まって、会場間を越えて会社全体のマーケティング分野にも取り組んでいます。誰かがやらなきゃいけないことなら自分がやろうと思ったことがキッカケです。分からないことを分からないままやるのではなく、どうせなら自分でも納得して仕事が出来るよう、そのうえで結果を出したいです。これも自分の、仕事の楽しみ方です。
オフの日も楽しむ!
毎日チャレンジャーでありたいと思ってます。最近はスケボー、ギター、プラモ塗装、あとアボカドも種から育てています。家族のハリネズミもすごく可愛くて、、、休みが楽しすぎて、身体一つじゃ足りないです。不適切な発言かもしれませんが、早く帰りたいです(笑)

DAILY SCHEDULE

1日のスケジュール

8:00出社
9:00お客様入館
10:00リハーサル立ち合い・準備
12:00ランチ
13:00イベント開始
13:30場内見回り・各所チェック
17:00終演・撤収
18:00翌日準備
19:00退社